社会

丸山穂高衆院議員と小学生ユーチューバーゆたぽんのはなしの続き

投稿日:

昨日かいた、「丸山穂高衆院議員と小学生ユーチューバーゆたぽんのはなし」の続きです。

あと最初にお断りしますが、この記事の写真の子どもはゆたぽん君とは関係ありません。

昨日の記事はこちら

丸山穂高衆院議員と小学生ユーチューバーゆたぽんのはなし

丸山穂高衆院議員の北方領土を戦争で奪還発言と小学生ユーチューバー少年革命家ゆたぽんのはなしです。 「不倫してるお前が言うか!」という方は読まない方が良いです(^^; どちらも憲法に関わる大きな問題 丸 ...

丸山議員については、僕自身はあまり否定的にはとらえてません。

しかし、小学生ユーチューバーについては否定的な考えです。

何が一番否定的かというと、

こうやって世間から否定されてしまうことが一番可哀そうだと思うからです

今回話題になった元の記事は、沖縄のメディアによるものですが、ここまで話題になることを想定していたのかいなかったのか・・・。

その後のゆたぽん君や両親のコメントなどもあちこちで見かけるようになっています。

ただ、今回の記事に関する世の中の意見は7、8割が否定的な意見です。

考えてみて下さい。普通の人が、これだけ世の中で有名になり、そして多くの人から否定されてしまったらどう思うでしょうか?あなたならどうですか?耐えられますか?

僕だったらすごく嫌な気持ちになるし、世間に対して余計に反感を持ってしまったり、道を歩いていても自分のことを変な目で見てるんじゃないかと疑心暗鬼になりそうです。

YouTubeに投稿するくらいだから、それも覚悟の上かも知れないし、普通の人とは感覚とも違うのかも知れません。それに、有名になって広告収入でも入ればそれで満足しているかもしれません。

それでも、僕はこの子の将来を心配してしまいます。

10歳という年齢、大人が思っている以上に子供やいろんなことを考えていますし、子供なりの考え方を持っています。

しかしまだ大人ではありませんし、今のゆたぽん君の言動は、この子の人間形成にあまりに大きな代償になるような気がしてしまうのです。

誰が何と言おうとも、「子供はすべての大人から大切に守られなくてはいけない」のです。子供を叱るのも褒めるのも、すべてはその子のためになることであるべきです。

もちろん、否定されている対象は、ゆたぽん君というよりもどちらかと言えば親の方かもしれません。それでも、親が世間から否定すれば子供に影響がないはずはありません。

ゆたぽん君も、その親も、そしてこれを取り上げた沖縄のメディアも、さらにはYouTubeも、今回のような状況を作り出すべきでは無かった。

茂木健一郎とかいう人の無責任発言はもっと許せない

「学校に行かなくても、学ぶことは無限にできる。社会性も、学校で身につく社会性がすべてじゃない。そもそも同じ年齢の子どもたちだけの『社会』は『社会』じゃない」

と、のたまわっているらしい。

「学校に行かなくても、学ぶことは無限にできる。」これは僕も賛成。

学校がいわゆる小学校という意味なら、確かに学校じゃなくても学ぶことはできるし、一番良いのはその子にあったスタイルの学びができること。

でも、じゃあゆたぽん君はいま学んでるのか?YouTubeに投稿するのは学びか?

こやつは東大を出ているらしいが、いったい今まで何を学んできたんだ?

ただ、こやつのこの意見も含めて、今回のできごとは「学ぶ」ということがどういうことなのか、その本質を考える機会になっているとは思う。

「じゃあ不倫しているお前は学校でなにを学んできたんだ~~~!!!」

と突っ込まれそうですが、それは置いといて(-_-;)

社会性も、学校で身につく社会性がすべてじゃない

これも、その言葉だけなら間違ってはいないと。でも、今のところ10歳のこどもが社会性を身に着けるためには学校が一番だし、ほかにそういう場所を見つける方が難しい。だいいち、ゆたぽん君の今の状況で、どこでどう社会性を身につければいいわけ?YouTubeか?YouTubeをやってれば社会性は身につくのか?

学校に通いながら、なおかつ土日はスポーツ教室に通うとか、塾に通うとか。それなら理解できる。学校だけではなく、さらにいろんな環境に身をおくことは社会性を身につけるのに役立つ。

じゃあ、なんで社会性を身につけなくちゃいけないのか?

それはまたこの記事の後半で。

そもそも同じ年齢の子どもたちだけの『社会』は『社会』じゃない

意味不明。これはこれで間違いなく社会。同じ年齢だけでなく、ほかの年齢とも交流するとか、それはそれで機会としてあった方がいい。上下関係という社会性が身につく。だけど、同じ年齢の子どもたちだけでも、それは大事な社会であり、それを否定するなんて本当に意味不明。

子どもを正しい道に導いてあげるのが親の義務

そう思うんです。

それぞれ家庭の事情もあるし、子どもの生き方もいろんな選択肢が有って良い。YouTubeで生きていくのも一つの道かもしれません。

でも、今回のことが本当に正しい道なんだろうか?

子どもを学校に行かせないことは、ある意味虐待と同じくらい罪なこと。子どもが学校に行きたくないなんて言うのはごく普通のことで、特別なことではありません。でも、いじめ問題は別として、子供が学校に行きたくないというのを簡単に受け入れてしまっては親としての義務も責任も放棄してしまっています。

子どもの可能性を伸ばしてあげる、これも大事な親の役目だけど、それって学校に通いながらでもできますよね?それに、学校で教育を受けさせ、進学をさせることで可能性の幅って広がるんではないでしょうか?

どこまで教育を受けさせるのかは親と子どもで話し合い、その子の性格などを見極めて判断する必要がありますが、少なくとも、なぜ義務教育があるのかを考え、ちゃんと子どもの将来を考えて行動すべきでした。

YouTube側も考えて

YouTubeに限らず、SNSなども含めて全体的にそうなのかもしれませんが、まだ判断基準の曖昧な子どもに対しては、YouTube側も適切な判断をすべきです。今回の騒動は把握しているのでしょうから、削除する必要もあるのではないでしょうか。

ネットでこういったサービスを提供している企業の多くは、削除の基準がとてもアメリカ的な感じがします。調和を大切にする日本の風土には合わない部分もある気がしています。

どのようなシステムになっているのか知りませんが、運営しているのは日本にある拠点でしょうし、法律面だけでなく、その国の風土にあった判断をしてもらいたいものです。

子どもの投稿がダメとは言いませんが、その内容については十分吟味する必要がありますし、少なくとも今回のように炎上してしまった場合には早急に削除するようにお願いしたいです。子どものためにも。

なぜ社会性を身につけなくてはいけないのか?

人には「責任」というのがある。責任がない事を「無責任」という。

責任がいくつから付いてくるのだろう?産まれたばかりの赤ちゃんにも何か責任があるのだろうか?僕には思い浮かばない。

でも少なくとも言葉を話せるようになり、自分の「意見」「行動」が他の人に何らかの影響を与えるようになったときから「責任」がついてくるのだと思う(赤ちゃんの行動も鳴き声も、多分に大人に影響を与えるが、それは別物。)。

この「行動」には、「行動しない」ということも含まれる。

人は社会の中である程度調和を保って生きていかなければならない。犯罪を犯さないことはもちろん、社会の中で責任をもって行動する必要がある。これは絶対的に必要なこと。

もし「自分は社会とは関わらないで生きていく」という人がいたら、それは無知なだけ。

僕たちは税金を払っている。他人の作った家に住んでいる。他人の作った道路を使い、他人の作ったものを食べ、他人の作った服を着る。そうやって何かに依存して生きていく以外に生きる方法はない。

「自分は一人で生きている」というのは現実的にあり得なくて、何かを提供され、何かを提供しながら生きている。

 

というのが私の意見です。

「不倫しているお前が言うか~~~!!!」

はい、ごもっともです。まあそれは置いといて。これも多様な社会性を学んでしまった結果かも('◇')ゞ

 

そして、そうやって生きていくには社会性が必要なのです。学校に通わず、同年代の子どもとも関わらず、ネットの世界だけで生きていくことで社会性が身につきますか?

学校に通い、先生や子どもたちと関わることで社会性が身につくのです。そうやって、社会に対して責任を持たなくてはいけません。

いじめにより不登校になるのは、社会問題なのでなんとかしないといけないし、そのことで自殺に追い込まれるようなことは絶対に避けなくてはなりません。

でも、それと単に学校に行きたくないのとは訳が違います。

「学ぶ」とはどういうこと?

「学ぶ」ってどういうことなんでしょうね?

YouTubeの使い方を学ぶのも「学ぶ」です。

こうしてメディアに取り上げられ、人々から肯定されたり否定されたりしたことも、あの家族にとっては学びかもしれません。

一つのことを突き詰めていくのも学びですし、いろんなことを学ぶのも学びです。

しかし先ほども書いたように、社会性を身につけるのも大事な学びです。

他人の言動に傷ついたり喜んだり、自分の言動で他人を傷つけたり喜ばせたり。学校に通うことでそういうことがわかってくるけれど、YouTubeだけやってても学べないです。

今からでも遅くありません。

一刻も早く学びの場に戻り、そのうえで他の学びの場が必要と考えるのなら、そういう場を探してから行動すべきです。

「どの口が言ってるんですか~(-_-)」

はい、ごもっともです。

同じテーマの他のブログは下記から


社会・経済ランキング

-社会

Copyright© 誘惑の熱い砂 , 2019 All Rights Reserved.