不倫や性のこと

40過ぎて独身女のA子へ①

お前!そんなだから40過ぎて独身なんだよ~!!

過激なタイトルと書きだしですみません。

半分は釣りです(^^;

何年か、ずっとやりとりしていたA子とのお話しです。

最近終わりました。

というか、ほとんど始まってませんでしたけどね。

A子と知り合ったのは、ある飲み会の席でした。

最初から、ちょっと変わった子だという印象はありました。

もうだいぶ前の話しなので細かいいきさつは忘れましたが、お互いに連絡を取り合うようになりました。

もちろん、彼女は私が既婚者であるということは知っています。

そのころ、2年ほど付き合っていたM子と別れて、しかもその別れ方が自分の中では過去最大級にショッキングな別れ方で、精神的にズタボロになっていたときでした。

A子とは趣味の話しで盛り上がり、精神的にズタボロで、正直誰でも良いから官女が欲しかった私は、彼女にアプローチしようと考えなかった訳ではありませんでした。

でも、連絡先を交換してやり取りはしていたものの、しばらくはそれ以上発展させるようなことはありませんでした。

結構長くやり取りをしてから、どちらから言い出したのか覚えてませんが、二人で遊びに行くことになったのです。

誰でも良かった私は(笑)、彼女に付き合って欲しいと言いました。

誰でも良かったと言っても、LINEでやり取りしているうちに、それなりに好きになってました。

付き合って欲しいと言ってはみましたけど、自分は独身では無いので負い目もあり、その日は返事をもらいたいとも思わなくて、自分の気持ちだけ伝えて別れました。

その翌日くらいだったでしょうか。些細なことで彼女にブチ切れられました('◇')ゞ

恋愛とは全く関係なく、本当に些細なことでした。

しかもその時に、

「好きとも言われてないのに付き合うんですか!?」と言われました。

意味がわかりませんでした。

いや、付き合ってって、好きって言うのと同じじゃないの?

好きだから付き合って欲しいんだけど??

先に好きって言って欲しかったってこと?

本当に意味不明で。

まあでも、ブチ切れられてしまったのですから、それでもう終了~。

ところが、それからだいぶ経ってから。どれ位だか忘れましたが、1年以上経ってたかな。

彼女からLINEが来ました。

大した内容では無かったのですが、またやり取りが始まりました。

LINEの中で彼女は、

「プラネタリウムに行きたい」とか、あそこへ行きたい、ここへ行きたいと私に言ってくるのです。

そう言われると、当然私も

「じゃあ行こう!」ってなりますよね。

でも、彼女はあくまでお友達として行きたいようなことを言ってました。

私が、

「デート?」って聞くと、そうでは無いと否定されます。

かなりモヤモヤしたままでしたが、多少は期待しつつも、プラネタリウムへ行きました。

自分が独身だったら、そのままもっとアプローチしたのですが、そこは自分でも自制して、

「彼女はデートのつもりでは無いし、ただ一緒に遊べる友達が欲しいだけ」

そう言い聞かせて、その日はプラネタリウムだけ見て帰りました。

それからも彼女とのやり取りを少ししたものの、私もこれ以上やり取りして自分の気持ちが盛り上がってしまうと困るので、

「もうやり取りするのは止めよう」そう彼女に告げました。

彼女も、わかってくれたようでした。

それからまただいぶ経ってから、彼女から、男に振られたという話のLINEが来ました。

振られたというか、もう少し正確に言うと、逃げられて連絡も取れなくなったらしいのです。

一度は告白した私に対して、そんな相談してきますか?(笑)

彼女は一体私に何を求めているのか・・・

仕方なく、でも少しは期待しつつも、また彼女とやり取りすることになりました。

でも、私の悪い癖です。

どうしても期待が膨らんでしまうのです。

もしかしたら??と。

でも、やはり彼女は私と付き合うというつもりは無いらしく、彼氏に振られた話をしてきたのも、私が彼女に告白したのはだいぶ前だし、もう自分のことは忘れてると思ったからだと言われました。

それから何となくだらだらとLINEをしているうちに、お茶でもしようという事になりました。

そこで私は彼女に言いました。

自分はこれ以上友達として遊びに行ったりLINEしたりすることは出来ない。一緒にいればいるほど気持ちが盛り上がってしまうし、好きだとも言えないのは辛い。

だから、その気が無いのならもうこれを最後にしたい。

そう言いました。

彼女はわかったと言ってくれました。彼女としても、妻帯者と付き合うことは出来ないと。

そのあと、また少しLINEが来たりしていましたが、彼女から

「じゃあ、最後に紅葉でも見に行きますか」

そう言われました。

必要無い気もしますが、最後に思い出を作るのも良いかなと思い、行くことにしました。

彼女は自分が知っている場所にいろいろと案内してくれました。

誰もいない、二人きりの場所へ行ったりして、私も彼女の真意が本当にわかりませんでした。

二人でいろんな事を話しました。

彼女は、何度か、

「自分は〇〇さん(私)が思っているような女では無い」そんな事を言ったりも。

夕暮れの誰もいない場所で、1時間くらい話したでしょうか。

彼女が以前不倫をしていたことも告白されました。それで酷い目にあったことも。

今回を最後に、彼女とは会わなくなる。

二人とも、今回を最後にしようと言って出掛けた訳ですし、そこから発展することは無い。

ただ、私は会う前から決めていたことがありました。

最後に彼女を抱きしめたい、そう思っていました。

抱きしめると言っても、いわゆるハグです。

そして、好きだと伝えたい。

それだけで満足でした。

二人で並んでいろんな話をしながら、私は彼女の肩をそっと抱きました。

ほんの数秒でしたが、自分にはそれが精一杯で。

好きだと伝えるタイミングはいくらでも有りました。

でも言えませんでした。

勇気がありませんでした。

そう言わなくても、好きだという気持ちはたくさん伝えられたし。

日も暮れて、帰り車の中、彼女から

「最後に、手、つなぎますか?」

そう言われました。

そこからは、ずっと手をつなぎながら運転していました。

その帰り道に彼女がふと、ある場所の話をしました。

そこはホテルがある場所の方です。

話の流れから、何となくそういう雰囲気がありました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 失恋へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

失恋がテーマの他のブログは下記から


失恋がテーマの他のブログ

不倫がテーマの他のブログは下記から

不倫・婚外恋愛関連のブログ

-不倫や性のこと

Copyright© 誘惑の熱い砂 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.